これまでに3230人の子どもに笑顔を届けてきましたこれまでの実績

最新情報

岩手県大船渡市 2014.05.23@岩手県立気仙光陵支援学校

2014.05.23

スマイルギャラリーはコチラ

今回のふらいパンダは大船渡市にある、気仙光陵支援学校小学部のみんなとかすてらをつくってきました!


どんな子たちと会えるかなあとワクワクしていると、1年生の子たちが1番乗り!
エプロンと三角巾を着けて、いつもと違う何かが始まるなあ、とはりきった様子で登場してくれました。
ふらいパンダ代表のマリオからあいさつをして、1年生から6年生までの19人の子どもたちと、先生たちのお手伝いでかすてら作りスタートです。

01.JPG


最初はたまごを割るのもこわがっていた子が、1つ割れると、自信がついてどんどん積極的に。
あっという間にたまごの殻の山ができていきます。

03.JPG


電動ミキサーを使ってたまごを泡立てて、粉をふるっていきます。
グループの仲間どうし、協力しながらがんばります。


生地が完成したら、順番に大きなボウルに。
だんだん、ボウルの中がたーくさんのかすてら生地であふれてくるのを見ているみんなの顔が、自然と笑顔になります。

07.JPG


5年生と6年生がみんなを代表して、大きなボウルから大きなフライパンへ生地を流し込みます。

08.JPG


あとは、炭火でゆっくり焼いていきます、焼けてきたらいいにおいがしてくるから、楽しみに待っていてね〜
ふらいパンダのかすてらは炭を使って焼くので、ここからも火おこし部隊は気が抜けません
炭に火をおこしつづけたり、かすてらにまんべんなく火が通るよう、フライパンを回転させたり、大忙しです
この日は、先生も火おこし部隊として大活躍してくれました。
部屋の中からは、子どもたちから「先生、がんばってー!」の声も。

09.JPG


その間には、地元の読書ボランティア「おはなしころりん」さんのメンバーが絵本の読聞かせをしてくれました。
みんな、いま作ったばかりの大きなかすてらが登場する絵本に夢中になっています。

岩手県立気仙光陵支援学校10.JPG


絵本とおなじように、いいにおいがしてきたら、かすてら完成の合図です
きれいなきつね色にやけた大きなかすてら!
さっそくみんなでおいしくいただきました。

岩手県立気仙光陵支援学校11.JPG


児童代表として、6年生からお礼のあいさつをいただいて、今日のかすてら作りはこれで終了!
はじめて会うふらいパンダのメンバーたちと、はじめてのかすてら作りだったけど、お話もしっかり聞いてくれて、いろんなことに興味津々、いっしょうけんめいがんばってくれた子どもたちでした!

ふらいパンダのメンバーはこの後、大船渡市の越喜来(おきらい)地域を地元の方に案内していただきました。
ここには子どもたちといっしょに作られた「潮目」という津波の資料を集めた建物と、オリジナリティ溢れる遊具がありました。
被災した小学校の非常階段の一部や、門柱を使っていたり、ひとつひとつエピソードにあふれています。
津波の被災地域では子どもたちの遊び場が失われた場所が多く、お話を聞きながら、改めて子どもたちの環境が落ち着いたものになるよう願わずにはいられませんでした。

岩手県立気仙光陵支援学校12.JPG

岩手県立気仙光陵支援学校13.jpg


今回の活動は2014年5月25日に東海新報さんにもご紹介頂きました!
ありがとうございました!

H26.5.25ふらいパンダ 東海新報-2.jpg

コメントやメッセージをどうぞ!

あなたの参加を待っています!

ふらいパンダは下記の団体より支援頂いています。

赤い羽根共同募金
製菓・製パンの材料と道具の通販 | cuocaクオカ

Fly-Panda 2011 Allrights Reserved.