これまでに3230人の子どもに笑顔を届けてきましたこれまでの実績

最新情報

東松島市赤井南保育所 2012.3.9@東松島市赤井南保育所

2012.03.09

スマイルギャラリーはコチラ

240309-22.JPG

今回訪れたのは東松島市で2箇所目となる赤井南保育所です。
元気いっぱいな子供たちと一緒にカステラ作り♪

「美味しいカステラつくるぞ~!」
「お~!」
気合十分の子どもたち♪

年中さん、年長さんが7班に分かれて生地づくり。いつもは火起こしで活躍している男性陣、今回初めての生地づくり参加です!

まずはみんなで卵を割り割り。初めての子も上手にできました♪
240309-2.JPG

割った卵を泡立て器で泡立てていきます。
「次やりたい人~?」「は~い!」
みんなやる気で頼もしい♪
240309-3.JPG

砂糖を入れて、湯煎にかけながら泡立てます☆
240309-4.JPG

泡立ったところで、ハンドミキサーの登場!初めて見る機械に興味津々。
240309-5.JPG

ハンドミキサーで泡立て中。
今はこの場面だよ~とぐりとぐらの絵本を持って解説するメンバー。作業よりこっちが気になっちゃう。
240309-6.JPG

元気いっぱいおどけた子どもたち、かわいいw
240309-7.JPG

こちらは外の火起こし班が気になる模様。
240309-8.JPG

ハンドミキサーと子どもたちの大活躍で、生地がこんなに増えました~!
240309-9.JPG

お次は小麦粉をふるい入れていきます。
240309-10.JPG

粉を入れたらへらでざっくり混ぜ混ぜ。
240309-11.JPG

さて、おいしくなる魔法♪バター蜂蜜牛乳を流しこみます☆いい匂い♪
240309-12.JPG

みんなががんばったおかげできれいな黄色い生地ができあがりました♪
各班ごとに作った生地を巨大ボウルに流し入れます!盛り上がる一大イベント☆すでにおいしそうです。
240309-13.JPG

巨大ボウルの生地は、今度はお外にある巨大フライパンへ!子どもたちみんなが見守ります。
240309-14.JPG

さ~あとは焼くだけ!奈良代表の腕の見せどころ!
240309-15.JPG

さて焼き上がりまでの時間は、ふらいパンダメンバーがぐりとぐらの絵本の読み聞かせ。その後子どもたちは給食タイムへ。

待つ間、保育所所長の山口様がふらいパンダメンバーに震災当初のお話をしてくださいました。津波で浸水被害に遭ったこと、子どもたちはお昼寝中で、先生たちの判断ですぐに避難できて無事だったこと、避難中はみんなつらい思いをしたこと、こういう支援は本当にありがたいということ・・たくさんのつらい体験、そして、まっすぐな感謝の気持ちにパンダメンバーも涙をこらえられませんでした。初めて直接被災のお話を聞いたメンバーもおり、ショックも受けたようでしたが、震災から1年経とうとしている今、改めて忘れてはいけない、そして想いにこたえたい、がんばりたいという気持ちが芽生えたようです。
貴重なお話を本当にありがとうございました。

さ~いよいよお待たせしました!
ついにオープンの瞬間!
さ~いくよ~
「3,2、1」
240309-16.JPG

オープン!
240309-17.JPG

「わ~!!」
という大歓声とこのとびきりの笑顔!

切り分け隊出動!おっきくて重いフライ返しでがんばって切り分けします。
240309-18.JPG

今日も見事な焼き色♪
あとは食べるだけ!
240309-19.JPG

待ちに待ったカステラに、うれしそうなこの笑顔♪
240309-20.JPG

240309-21.JPG

240309-22.JPG

240309-23.JPG

最後に、子どもたちが感謝の気持ちを込めて歌を披露してくれました。
「ありがとうのはながさくよ きみのまちにも ほらいつか」「ありがとうのはながさくよみんながわらってるよ」
これにはメンバー一同感動。取材に来ていた記者さんまでも涙ぐんでいました。

震災から1年。人々の記憶が薄れていくのが目に見えてわかる。でも、復興までの道のりはまだまだ長く、ゴールが見えない・・
だから、ふらいパンダは忘れない。子どもたちには笑顔あふれる思い出を一つでも多くあげたい。これからも支え続けたい。そして、もっと多くの人に興味関心を持ち続けてもらいたい。そんな想いでこれからも活動を続けていきます!


・・最後に、
後日談として、山口所長様からお手紙で、
「一人ひとり作業に携わらせてもらったから美味しさも格別だったと思う。」
「「自分で作ったカステラ」という意識が持てるような取組をさせていただき感謝しております。」
とのうれしいお言葉をいただきました。
ふらいパンダでは、子どもたちがカステラを作るお手伝いをするという意識でいつも取り組んでいます。卵を割るのを失敗したら殻をとってあげる、生地をかき混ぜるときに飛び散ったら拭いてあげる、あくまで私たちはお手伝いとして、子どもたちが自分で作る、ということを大事にしています。
こういう言葉をいただけると、このコンセプトでやっていて本当によかったと思えます。

また、「子ども達が大喜びで気持ちも明るくなりますね」と先生方や保護者の方もとても喜んでくださったようで、子どもたちを笑顔にすることで、みなさんにも笑顔をお届けすることができたようで、感無量です。いつも一番笑顔をもらっているのはパンダメンバーだったりするんですが^^(ちなみにいつも火起こし担当で今回初めて生地づくりに参加した男性メンバーは「こんなに楽しいなんて!これからはずっと生地づくりがいい!」と子どもより楽しんでいました(笑))

皆さんの想いに応えていくために、そして少しでも皆さんの復興のための力添えになるように、これからもがんばりたいと改めて決意したパンダメンバー達。

これからもふらいパンダはみんなに笑顔をお届けします!
240309-24.JPG

コメントやメッセージをどうぞ!

あなたの参加を待っています!

ふらいパンダは下記の団体より支援頂いています。

赤い羽根共同募金
製菓・製パンの材料と道具の通販 | cuocaクオカ

Fly-Panda 2011 Allrights Reserved.