これまでに3230人の子どもに笑顔を届けてきましたこれまでの実績

最新情報

大槌第2まごころの郷 オープニングイベント 2011.10.16@大槌第2まごころの郷

2011.10.16

スマイルギャラリーはコチラ

大槌町の山間に建てられた仮設住宅。その近くの雑木林を切り開き、入居者や地域住民のために協働の畑や、憩いの場をつくろうというのが大槌第2まごころの郷です。この日、遠野まごころネット主催でお披露目イベントが行われ、ふらいパンダもカステラを焼いてきました。

大槌第2まごころの郷1.JPG


この辺りは山と川に挟まれて景色は最高・・・なんですが、朝から怪しい空模様。雨は何とか降らずにいるものの、時々テントも吹き飛ばてしまうほどのするくらいの突風が吹き荒れます。でも!!風にも負けず、カステラ作りを楽しみに駆けつけてくれたみんなと、今日も元気に生地作りスタートです。


大槌第2まごころの郷2.JPG

卵を割って、砂糖を入れて、かき混ぜる・・・
いつも通り順調にカステラ作りが進むそばでは、開墾された畑に球根の植え付けが行われます。地域の方、他の地域からこの近くの仮設に移ってきた方、ボランティアなど、みんなで協力して郷づくりです。

大槌第2まごころの郷3.JPG


泡立ててふんわり生地ができてきたら、粉をふるい入れて、バターミルクを流し入れて、生地完成!


大槌第2まごころの郷4.JPG


みんなが注目する中、巨大フライパンに完成した生地投入です


大槌第2まごころの郷5.JPG

これもいつもの光景、生地を入れたあとは高さ調整。
生地が全体に平らになっていないと焼きムラができてしまいます。

わたがしもカステラも待ちきれません
(熱いから近づきすぎないでね!)


大槌第2まごころの郷6.JPG

およそ1時間。だんだんといい匂いがたちこめて、みんなの期待が高まります・・・。


大槌第2まごころの郷7.JPG

完成!!蓋をあけると・・・こんがりきつね色、きれいに焼き上がりました。

大槌第2まごころの郷8.JPG

大槌第2まごころの郷9.JPG

今回は100円で販売という形になりましたが、あっという間に完売してしまいました。

この日のために隣の釜石市から駆け付けて、近くに住むおばあちゃんとずっとお手伝いしてくれた子も。大きなお口でもぐっ!!!
大きなお口におかあさんもびっくり!
大槌第2まごころの郷10.JPG


イベントには多くの方が来場して下さり、土いじりを楽しんだり、畑をどう使っていくかの相談をしたり、みんなでつくるまごころの郷の説明をさせて頂きました。
かすてら作りや土遊びで嬌声をあげる子どもの姿をみて、この場所にこんなにいっぺんに子どもたちが集まることなんてなかったよね、という参加者の声が聞こえてきて、ボランティアも住民も「そうだよなあ...」としみじみ。
子どもが楽しむ姿はみんなを元気にさせますね。

ふらいパンダのかすてら作りは、ただおっきなかすてらをみんなで作ってみんなで焼いてみんなで食べる、それだけのこと。でもそれが面白いのです。
このまごころの郷がみんなの楽しい交流の場になればいいなと願いをこめつつ、これから怒涛のかすてら作りin大槌に向かっていきます。大槌中の子どもたちに会いにいーくーよーーー。

大槌第2まごころの郷11.JPG

右後ろに移るのがまごころの郷。林を開拓し、すすきを引っこ抜き、みんなで創った広場です。来年には花や農作物や生い茂り、住民の方の憩いのスペースになっていることでしょう。
麦畑で小麦を作って、炭を焼いて、鶏にたまごをたくさん産んでもって、、秋の収穫祭ではそれらの材料を使ってかすてらを焼き上げる。そんな日は近いかもしれません。

コメントやメッセージをどうぞ!

あなたの参加を待っています!

ふらいパンダは下記の団体より支援頂いています。

赤い羽根共同募金
製菓・製パンの材料と道具の通販 | cuocaクオカ

Fly-Panda 2011 Allrights Reserved.