ふらいパンダとは

ふらいパンダの理念

東日本大震災で被災した地域の中には両親を失った多くの災害孤児がおり、震災から2年以上が経過した今でも仮設住宅での避難生活を余儀なくされている幼い子どもたちが沢山います。災害当時のあまりのショックや、長くつらい避難生活や険しい復興作業の中で、まだ小さく弱い子どもたちに及ぼす心的影響について多くの専門家が指摘しています。私たちをそんな子どもたちに「巨大カステラづくり」体験を通じて少しでも笑顔を取り戻し、健やかな成長を手助けするために集まった有志団体です。

寄付の方法

東日本大震災で被災した地域の子ども達に対し、直径90cmの巨大フライパンによるカステラ作りワークショップ(以下、カステラWS)を実施し、笑顔と活力を取り戻す一助とします。
活動はできるかぎり現地の大人たちの協力を得て実施し、老若男女問わず参加できる共同作業の楽しみと喜びを通じて、仮設住宅地などお互いが疎遠になりがちな地域コミュニティーにおいて「コミュニケーションのきっかけ」となることも目標としています。
さらに、その活動への参加や広報を通じて、被災地域の現状をそれ以外の人々にも伝え、関心が持続するよう促します。
なお、活動の中心は上記ワークショップの展開ですが、子ども達や地域住民の方々の生活基盤を確立させるための活動も行います。これまで仙台市若林区や石巻市などで民家の泥かき作業、農地復興作業などに携わり、今後も現地ボランティア団体と協力しながら復興活動に参加していきます。

ふらいパンダは長期に渡る支援活動を目標とし、一人でも多くの子どもたちに笑顔を届けます。3年を目処に活動を継続するため、現在、活動を継続する中で基盤づくりに注力しています。

ふらいパンダの組織

代表:奈良寿昭

事務所所在地:

114-0022

東京都北区王子本町2-8-8 音喜多駿 方

あなたの参加を待っています!

ふらいパンダは下記の団体より支援頂いています。

赤い羽根共同募金
製菓・製パンの材料と道具の通販 | cuocaクオカ

Fly-Panda 2011 Allrights Reserved.